記事投稿一覧

「ちょい置き」に気をつけて

 

こんにちは。

「よく使うモノ」はかがまなくても腕を上げなくても届く場所に仕舞うこと

と、前回のコラムで触れました。

 

この「かがまなくても腕を上げなくてもいい場所」を「ゴールデンゾーン」と呼んでいます。

押入れのような棚で区切られた場所であれば腰の高さにある「中段」と呼ばれるところ、

クローゼットのような場所であればパイプハンガーのあるようなところ、をイメージしてください。

 

ここによく使うモノをまず収納してから

次にたまに使うモノや重いモノを下へ、

軽くてあまり使わないモノは上へと割り当ててみてください。

使い勝手の良い収納になります。

 

収納は扉やカゴで見えなくなりますが、

部屋のゴールデンゾーン…下駄箱の上やキッチンカウンター、ダイニングテーブルの上、出窓など

ここはついつい「ちょい置き」したくなる場所。

 

この「ちょい置き」の習慣がついて

鍵や薬、ポストに入っていた郵便物などのモノが定位置化してしまっていると

視覚的に目に入る場所なのでとどんなインテリアにしても台無しです。

 

「ちょい置き」しにくいように最初からインテリアアイテムを飾ってしまうのも方法の一つですね。

 

収納だってインテリア!「ちょい置き」に注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る