記事投稿一覧

青森で素敵なお店を運営されている TFICA代表幹事 松橋道子さんへのインタビューです

◎インテリアコーディネーターになったきっかけを教えてください◎

最初に就職したのがインテリア関連の企業でした。
昔々のお話しです(笑)
そのお店では、「イイモノ」をたくさん扱っていました。
ドイツのシステムキッチン・スイスのカーテン・総桐たんす・ペルシャ絨毯・段通・
象嵌の手回しのオルゴール・スウェーデンのガラスウエア、など等々…。
イイモノはやはり高価ではありますが、イイモノは飽きがこない、使うほどに愛着がわくという事を、
それを買い求めたお客様から教えていただきました。また、お宅を訪問させていただいて、厳選されたも
の、好きなものに囲まれた暮らしは、心が豊かになるものだとも教えてもらいました。
若い時に毎日のように触れていた感触や感覚は、忘れないものです。
その会社の先輩たちの何人かはインテリアコーディネーターの資格を取り独立していきました。
「インテリアコーディネーターになった」ということが、IC の資格取得という事ならば、
きっかけは、その先輩たちに刺激されたこともあり、あ~私も何れは独立して、インテリアの仕事をずっと
続けていくのかなあと感じ事だと思います。

◎フリーランスインテリアコーディネーターとしての現在のお仕事を教えてください◎

2001年4月10日に、小さいインテリア SHOP ガラージュ M を OPEN して今年で20年になります。
ご来店いただいたお客様が、ご自分の暮らしに取り入れたら素敵かも、と想像できるもの、
ワクワクするファブリックや家具や雑貨の品揃えを心がけています。そのためには、やはり店側の
私達がワクワクするものでなければならない!という事が大前提ですが、(笑)。
フリーランス IC としては、住宅会社さんや設計事務所さんのクロスやカーテンのコーディネートや
打ち合せ、施工をしています。
また、昔からのお客様や、もちろん新しいお客様の、お店やご自宅のリフォームや内装、ディスプレイなど
を主な仕事としています。
今後の仕事の中には、長年デイサービスのお仕事をしてきた建物を、若い女子たちのシェアハウスにすると
いうリノベーションのお手伝い、があります。なんだかワクワクします。
「こんな感じにしたいんだけれど…」と相談を受けた時、それを具体的な形や空間で提案して、
「そう、そう、こんな感じ!」と、想像してたのより、たぶん(?)ちょっと上を行く、そんな仕事を
しているつもりです。

関連記事

ページ上部へ戻る